携帯支払い、ローン返済、消費者金融返済のお金を払えない人のための情報サイト

払えない.com

docomoの料金請求が未払いだと、端末は何ヶ月動くんだろう?

更新日:

docomoの料金請求が未払だと、端末は何ヶ月動くんでしょうか?

わたしはいま、docomoの携帯を使用中ですが、未払いだと何ヶ月動くのかなと心配になりました。

数ヶ月前にどうしてもお金が足りなくなって、
1ヶ月遅れて支払いしたときは、端末は動いていました。
その時は、支払いを済ませたので、そのあとどれくらい未払いが続くと動いたのかは分かりませんでした。

いま手元に12月の利用分の請求書あるんですが、
もし、この代金を払わなかった場合、いつ頃、端末が使えなくなるのでしょうか?
たぶん、docomoの方で、そのうち端末の通信を止めると思うのですが。

ドコモの携帯の料金締日と支払い日の関係

NTTドコモの携帯電話料金の締日は月末、支払い日は、翌月末になります。
例えば、6月末締めなら7月31日支払い、7月末日締めなら8月31日支払いになります。
もし、この日までに支払いができなかった場合、延滞金と利息(年利14.5%)を日割りで払うことになります。

滞納した時の延滞利息はいくら

【延滞金額の利息計算式】
延滞金 × 14.5% ÷ 365 × 延滞日数 = 延滞金利息
延滞金+ 延滞金利息=支払額
払わなければ、利息は、日々増えていきます。

延滞を続けた時のドコモの最初の対応

また、そのまま延滞を続けた場合のドコモのスケジュールは
6月分について、支払日の7月31日に払わないと、8月20日あたりに、「振込通知書」が届きます。これが1回目の督促です。
ドコモの場合、口座振替を利用していると、8月15日に再振替があります。
15日までに、口座に入金しておけば引き落としされます。

再振替の状況を見て、1回目の督促状送付するかどうかを判断しています。

督促状を無視すると督促状を受け取って10日くらいで利用停止

ドコモの利用停止は、支払期限の4週間後くらいになります。
その期限までに支払いをしないと、8月末頃には携帯電話が利用できなくなります。
つまり、7月31日の支払い日から1か月程度で利用停止になってしまいます。
さらに延滞を続けると、利用停止から約1か月で強制解約されます。

ドコモが利用停止になった時に携帯でできること

携帯が止まると、ドコモの場合
発信、着信、送信ができません。
メールはサーバーに保管といった処置になります。

ただし、携帯電話の発信、着信、メール送信といった、携帯電話の機能が使えなくなるということで、Wi-Fiを使う通信はできますから、LINE、SNS、gmail、yahooメール、Skype、Web閲覧、動画視聴などが利用できます。

2ヶ月目の滞納は急いで支払いを!

ドコモの強制解約は、支払期限の2か月後です。
ですから、2か月分の支払いを滞納すると、2ヶ月目の滞納をした時点で、最初の月の滞納で、携帯は強制的解約の条件ができてしまいます。
でも、1か月分だけは払えるということなら、月末前に古い月の支払いを済ませて、滞納を解消してください。
例えば、6~7月分の料金を滞納している場合は、6月分の支払いを8月末までに済ませてください。そうすれば6月分の滞納が原因になる強制解約をされないですみます。
すぐに、7月分の滞納による利用停止、解約も迫っていますから、とにかくお金を作って、7月分も払ってください。

ドコモで強制解約されるのは、支払期限から1ヵ月半後に届く最終通告書を無視した人ですから、2ヶ月の滞納は絶対にやらないようにしてください。

⇒ ソフトバンク携帯代が25日まで払えない

-払えない

Copyright© 払えない.com , 2018 All Rights Reserved.